ラベンダー夏場の挿し木

ラベンダー夏場の挿し木

08/10/17

コメント (0)

トラックバック (0)

人気blogランキングへ←クリックしてもらえると喜びます♪ Twitterもやってます。良かったらフォローしてくださ~い→@ka0nasi

今回は梅雨時に挿し木をして、夏場の間に育ててみようと思いました。
挿し木は年中出来るそうですけど、梅雨時は成功率も高いそうです。
それにうまく行けば次の年の春には花が見れるかも知れません。
さてさて、どうなることでしょう。。。

挿し木
1.(2003/8/15)
7月23日に挿し木をしたグロッソです。
毎朝、毎夕の水遣りを欠かさないように、大切に管理してきました。
管理といってもただ水遣りをしただけですけどね。。。(^^;
挿したあと一週間くらいは日影で、それからはなるべく強い日差しに当てないよう、朝のうちだけ日の当たる場所に置いておきました。
画像は挿して3週間目の今日の写真です。
外見は挿したときとまったく変わりありません。。
※暑さですぐに水切れします。受皿に水を溜めて切れないようにしました。



根っこが出てます~♪
2.(2003/8/15)
底から根っこが出ている様子です。
ここまで出ていれば間違いなく発根していると思います。
問題は発根率がどれくらいか、ですが。。。



おお!けっこういい感じ!
3.(2003/8/15)
毎回、この瞬間はドキドキします。
なにせこれまでの苦労の成果が、この一瞬でわかるのですから。
鉢を崩してみると、、、おお!実にいい感じです。
白い元気な根っこが確認出来ました。
たぶん成功ではないでしょうか。



成功率は?
4.(2003/8/15)
さあ!肝心の発根率を確認してみます。
ご覧のようにほとんどの挿し穂から根っこが出ています。
全く出ていないのが2本(一番右)
ちょびっとだったのが1本(その左)
残りは全部、モジャモジャでした。
22本中、発根したのは20本、なんと91%の発根率!
今回も大成功です!v(^。^)



用意するもの
5.(2003/8/15)
植え替え作業に用意したものです。
上から赤玉土パーライトピートモス
土を混ぜるためのプラ箱、中に底網、ビニールポット、シャベル、はさみ。



土つくり
6.(2003/8/15)
土の配合は赤玉土7、ピートモス2、パーライト1くらいでしてみました。
本当は火山れきを使いたかったのだけど、見つからなかったので赤玉土で代用したのです。
まあ、水はけさえ良ければ問題ないでしょう。



新しい苗です
7.(2003/8/15)
新しく増えた小苗です。
これが全部、活着してくれると嬉しいのだけど。。。
これから成長の経過をお伝えしますのでお楽しみに。



10日後のようす
8.(2003/8/25)
植え替えして10日が経過しました。
ぐったりしていたのが、ごらんのとおり元気よく育っています。
よーく見ると茎からわき芽がたくさん出ていますね。
この調子だとすぐに根が廻ってしまうかも。。。
秋になったら植えるところの準備をしなくちゃ!(^.^)



先端をカットしてみました
9.(2003/8/30)
挿し穂ほ先を少しカットするとこんもりとした苗になるそうです。
さっそくやってみました。
結果をお楽しみに♪



その後
10.(2003/9/20)
20日後の様子です。
株がこんもりしてきたのがわかりますか?
先端を切ったため茎から無数の枝が分岐して、日に日に立派になっています。
あとは定植用の花壇の完成を待つばかりです♪

[関連ページ]
はじめてのラベンダー挿し木

人気blogランキングへ 古い記事でもコメントにはお返事します。
イイね!と思った記事にはクリックをください。更新の励みになります。


コメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック