自分流 れんがの積み方

自分流 れんがの積み方

08/10/14

コメント (0)

トラックバック (0)

人気blogランキングへ←クリックしてもらえると喜びます♪ Twitterもやってます。良かったらフォローしてくださ~い→@ka0nasi

れんがの積み方はハウツー本やホームページなどたくさん紹介されていますが、どれもコピーしたように同じような内容です。
それを見ると道具や材料がたくさん必要で、同じようにやってみようとは思いませんでした。
ここに紹介しているやり方は、これまでの経験をもとにシロウトなりに工夫を重ねたものです。
道具や材料をなるべく減らすことによって、少しでも安く造ることも目指しました。
これから始めようと思っている、超初心者の方の参考にしてもらえたら嬉しいです。(^。^)

れんがを水に浸ける
作業をはじめる前に、必ずれんがを水に浸けておきます。
こうすることでモルタルとの接着力が増し、しっかりとした構造物を作ることができるからです。
またカーブなどの部品の細かなカットもあらかじめ済ませておきます。
モルタルが固まらないうちにスピーディーに作業を進めることができ、あわてることがありません。



既存のれんが
このように数日おいて作業を再開するときは、すでにれんがが乾燥しています。
こういうときはジョウロなどで水をかけましょう。



タオルを使って
これ、私流のやり方ですが
使い古したタオルなどを被せて水をかけてます。
こうするとれんがに水が沁みやすいです。



道具
これは25センチ角くらいの合板の裏に取っ手をつけた道具、コテ板。
モルタルを載せて使うと便利なので、端材などで作っておくことをオススメします。



モルタルを載せて
いよいよ積みに入ります。
板上から、適量のモルタルをずらすようにれんがに載せます。
ハウツー本などではブロックこてを使いますが、特に必要性を感じたことはありません。
ちなみにかおなし♪の使っているのは3本セット格安の左官コテです。これでじゅうぶん。
またモルタルも普通の砂とポルトランドセメントを使っています。



整形
載せたモルタルを適当に整形します。



ふたつに
それをふたつに分けていきます。



分けます
分けました。
この縦のすき間があることで高さの調整がしやすくなります。



高さ調整
その上にれんがを載せて、ハンマーでチョンチョンと、目分量で水平を取ります。一気にやらず少しずつがポイント。
ハウツー本などではゴムハンマーを使いますが、ここでも節約DIYということで、普通のハンマーを使っています。
特に支障を感じることもありませんし、これでじゅうぶんだと思います。



高さチェック
水平器で高さをチェック。
隣はもちろんですが、水平器が届く範囲はこうやって確認しています。
まあ、あまり神経質になる必要はありません。ここは自分の納得いくレベルでやってください。



横方向も
横方向もチェック。
さらに高さだけでなく並びや、垂直の通りも確認します。
かおなし♪は並びは目測、垂直は水平器でチェックしていますが、心配な人は水糸を使うときれいに出来ると思います。



目地モルタル
ある程度積み方が進んだら、今度は目地詰め作業です。
ハウツー本などでは柔らかめのモルタルを米袋などに詰め、クリームのように目地に詰めているのを見ますが、面倒なのでそんなことはしません。
使うのは先ほどと同じモルタルです。
適量を目地の上に取り分けます。



目地つめ状
裏側をコテで押さえながら、目地コテを使ってモルタルを詰めていきます。
あまり柔らかいとタレてくるので、かえって固めの方がやりやすいです。



目地つめ表側
つぎに表側を目地コテで押さえれば、あっさりと目地は詰められます。



横目地
ついでに横目地の余分なところを目地コテでこそぎ落とします。
タレているのが好きな方はそのままでいいでしょう。



余ったモルタル
余ったモルタルをコテですくって取ります。さらに上に積む場合はこれで完了。
見える部分だけは、スポンジで拭くことを忘れずに。



スポンジでふき取る
仕上がりの段まで積み上げたら、スポンジできれいにふき取ります。
ここが仕上がりに大きく影響しますので、こまめにバケツの水を替えながら作業してください。



完成です
これで完成です。
いかにも面倒な作業の連続に思えますが、やってみるとそうでもありません。
それに難しいと思われがちですが、意外に単純な作業の連続でもあります。
いつも言いますが「習うより慣れろ」、一度挑戦されてはいかがでしょうか
(^。^)

人気blogランキングへ 古い記事でもコメントにはお返事します。
イイね!と思った記事にはクリックをください。更新の励みになります。


コメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック