フェンスブロックを楽に吊る方法

フェンスブロックを楽に吊る方法

11/05/15

コメント (2)

トラックバック (0)

人気blogランキングへ←クリックしてもらえると喜びます♪ Twitterもやってます。良かったらフォローしてくださ~い→@ka0nasi

表示
フェンスブロックを使ってウッドフェンスの基礎を作っています。
18センチ×18センチの長さ45センチで重さが25キロもあるものです。

これをほぼ地面に埋め込むくらい深くセットしなければなりません。
それも穴の深さを調節しながらブロックの高さを合わせる必要があります。
当然1回でピタリと決まるのはマレで、低い体勢で何度も重いブロックを出し入れするのは大変。
頑丈な身体のひとならまだしも、ひ弱な腰痛持ちにはこたえるわけで。。。

そこで無い知恵をしぼって考えついたのがこれです。
手持ちのL型クランプをこうやって挟んで、これにロープを通して吊り上げます。
思いどおり腰の負担も少なく上げ下げすることができました。

最初は木材で道具を自作しようとも思ったんですけど、手持ちの道具でやれる方法を思いついてよかったです。
直接持ってやろうと思っていた方、これを参考になさってください。
なお、はずれて足に落とすことのないようクランプはしっかり締めて、自己責任でなさってくださいね。

人気blogランキングへ 古い記事でもコメントにはお返事します。
イイね!と思った記事にはクリックをください。更新の励みになります。


コメント » 2件

うわっ。あったまいい~~~!
コレなら持ちやすいですね^^

っていうか、ロープを通して
そのロープを持つんですか?

・・・あれ?
よく分からなくなってしまいました(^^;
よろしければ、かおなし♪さんの顔付きで
持ち上げてる所をアップして下さい(笑)

あ、前日の日記
偉そうな事書きましたがm(_ _)m
夫も私も腰痛持ちなので
結構腰痛くなって大変だったなぁって(苦笑)

でも、出来上がってからの達成感は
何とも言えないですよね~^^

投稿者:ぱせり Posted at 2011年05月15日 21:13

ぱせりさんへ
>そのロープを持つんですか?

そう、ロープを手で持つんです。
1本のロープをクランプ2本に縫うように通して、両手で1本ずつ持って持ち上げてもいいし、2本を同時に持ってもいいし・・。
このクランプをじかに手で持っても吊れることは吊れるけど、結局かがまないといけないでしょ!?
ロープを使うのは、かがまずに立った姿勢に近い形でできるようにです。
その方が腰への負担は少ないから。。。
今日やったのは片手でブロック塀を支えながら、ロープ2本を反対の手で持って片手1本で吊りました。
これが自分的には一番ラクだったかな。

>偉そうな事書きましたがm(_ _)m
あ、そんなことは無いよ。
腰痛持ち同士、気遣ってくれて嬉しかったです。
どうにか知恵を絞って作業するのも楽しいものです。
ボチボチがんばります^^

投稿者:かおなし♪ Posted at 2011年05月15日 22:13

コメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック