自分流 石板の貼り方

自分流 石板の貼り方

09/09/23

コメント (2)

トラックバック (0)

人気blogランキングへ←クリックしてもらえると喜びます♪ Twitterもやってます。良かったらフォローしてくださ~い→@ka0nasi

表示
石張りテラスを作った際、40センチ角で厚みが10ミリ~20ミリ(不均一)の石板を貼りました。
約70枚くらい貼って掴んだコツがこの方法です。


表示
まず真ん中を高く、四方が低いまんじゅう型にモルタルを置きます。
それから四隅に適当な量のモルタルを配ります。
配る量はやりながら掴んでください。

天然石は一枚一枚厚みが違いますので、配るモルタル量も自ずと変わってきます。
一枚のうちでも薄い部分と厚い部分があったりしますので、最初は等厚のものからやっていくほうが感覚を掴みやすいでしょう。



表示
あとはこのようにハンマーで叩きながら(水糸や隣の石を基準に)高さを調節していきます。
このときにモルタルの量が適当なら、高い部分のモルタルが低い部分に逃げて、板の全面に行き渡り隙間がなくなります。

板を載せた時点で隣との高さが同じくらいならモルタルが足らない証拠です。最初は少し高めでないとハンマーで下げる余裕がなくなります。一度はがしてモルタルを補充してください。

逆にモルタルが多すぎると目地からモルタルが溢れてきます。溢れたおかげで決まるときもありますが、それでもまだ高くとても調節できないようなら早めにモルタルを取り除いてください。モルタルに流動性がなくなればいくら叩いても下がらなくなります。そのときはぜんぶ取り除いて新しいモルタルに代えイチからやり直してください。
どうしてもうまく行かないときもあります。私は3回くらいやり直しました。こんなときは放り投げてしまいそうになりますが、あきらめず根気をもってやり直すことです。うまく行かないときは石を変えるのもひとつの方法です。不思議と一発で決まったりするものです。

(注意)
・この貼り方は厚みが不均一な天然石の貼り方です。タイルみたいな等圧の素材であれば、水平に一気に下地をつくり、ノロで接着していく方法もあります。
・飛び散ったモルタルの飛沫は拭き取らないとあとで取れなくなります。面倒でも一枚貼るごとにスポンジで拭き取ることが肝心です。完成した部分はマスキングテープで保護しておくと拭き取る面積を抑えることができます。
・このほかにバサモルを使った方法もあります。両方やりましたが私にはモルタルの方がやりやすかったです。やり方は「バサモル」で検索してください。

人気blogランキングへ 古い記事でもコメントにはお返事します。
イイね!と思った記事にはクリックをください。更新の励みになります。


コメント » 2件

あ~完成が待ちどおしいでーす!
田舎のレストラン!こんなご馳走が創れる方が いらっしゃるのですか
私にも一人欲しいな~!

投稿者:桜シンフォニー Posted at 2009年09月24日 20:04

桜シンフォニーさんへ
ホントは今週末に完成させたかったんだけど、仕事になっちゃって無理でした。
来週なにもなければ作業したいと思います。
あと一息だからがんばるね^^

>こんなご馳走が創れる方が いらっしゃるのですか
こんな手の込んだお料理はめったに作ってはもらえないけど、だからこそ喜びも倍増です。
どんな高級レストランより、こっちのほうが好き(*/∇\*)

投稿者:かおなし♪ Posted at 2009年09月27日 17:39

コメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック